• 事務局

第37回 プリズム交流会

7月25日(日)10時~11時30分より、

熊本市障がい者福祉センター希望荘に開催しました。

ソーシャルディスタンスを守るために参加者上限は6人。

なんともやり辛いこと。

今回は、雨の影響とお仕事の都合でキャンセル数名。久しぶりに古参の4人で語り合いました。

最近は聞き役に徹する場面も多かったようで、一人ひとりの語りはとても大切なものばかりでした。

・地域で立ち上げた親の会の悩み、他の学校との連携について

・仕事を一生懸命にやりすぎて疲れてしまう。休憩の取り方がわからない。

・学校でのイジメで「死にたい」と考えてしまう。

・自分からは関わりを持ちたく無いのに、向こうから近寄っ来て、徹底的に否定されてしまう。などなど。

全員で、助言を出し合い、励まし合い、納得できる有意義な時間となりました。

仲間に感謝。

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

記事のご紹介 【教育業界ニュースRese Ed】 通常学級に在籍する発達障害、文科省が実態調査へ! 通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある児童生徒について、実態や支援状況を明らかにするため、文部科学省は2022年1~2月、調査の実施を計画している。全国の公立小中高校から対象校を抽出して集計・分析。2022年12月ごろまでに結果を公表予定としている。 2021年10月5日開催の「通常の学級に在

最近、私たち【発達障害当事者団体プリズム】あてに、「放課後等デイサービスの送迎が 来ないんですが?」というクレームの電話が入ってくるようになりました。 私たちは、当事者の皆さんの生活上や就労上での問題などの解決にむけたグループワークや発達障害の可能性がある子供たちの療育的な解題整理などのお手伝いがメインです。 補助金などを受けることなく無利益でやっています。 残念ながらデイサービスや療育支援センタ