• kumamoto prism

『僕のチャレンジ』

世界中、コロナで大変な中


皆さんの努力で、コロナと闘い マスク手洗い、手指消毒が定着してきました。これは、他人への、優しさだと僕は感じています。しかしながら、まだまだ油断してはいけません。


今回僕は、新たなチャレンジのチャンスを頂きました。


高校駅伝。

僕は、コロナの中でも出来る事等

監督や、コーチ、先輩方の努力を目の当たりにし先輩方々に毎日の小さな努力の大切さを学びました。


そして、高校駅伝というチャンスを頂きました。


遅かれ、速かれ 初めてのチャレンジ 最後までタスキを繋ぎたいと思っています。


最後まで 諦めない心の強さ、これまでの感謝を込めて 『繋ぐ』チャレンジをします。


自閉症スペクトラムをカミングアウトして、9年経ちました。駅伝にチャレンジする僕。


少しでも、同じ立場で悩んでいる人達への 勇気と支えになればいいなと感じています。


チャンスを頂いた先生方をはじめ、多くの沢山の方々に感謝しています。


頑張りたいと思います。


プリズム代表 甲斐康成


代筆 甲斐静江(会長発言代筆)

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さん。こんにちは。 コロナの影響もあって、交流会を開けない状況が続いて来ましたが、 コロナ過の活動として長く悩んできましたが、自己責任・社会常識の範囲内の予防グッズを必須として交流会を始めたいと思います。 また、当初は9月4日(日)の開催っを計画していましたが、 台風の影響を考慮し中止することにしました。 つきましては、改めて会場が手配ができましたので、ご案内申し上げます。 ・日時:9月25日(