• kumamoto prism

第36回 プリズム交流会

 明けましておめでとうございます。お互いの無事を確認し合うように、笑顔で2020年初の交流会がスタートしました。会場には、熊本市障がい者福祉センター希望荘2階の会議室で継続的に使用しています。

 参加者は、新メンバー2人の参加もあり、当事者4人、母親4人(自分も発達だー!という方もいますが…)の合計8人で大変い賑わいました。

 「新しい方が参加されると、とても雰囲気がよくて、お互いの交流を深めようと大変に楽しい時間を過ごすことができます。」とDさん。

 次に、ワークショップで、全員から2020年度の目標を語って頂きました。

A子さん:どもたちの反抗期もあって、それぞれの主張に隔たりがあったが、これまでの関わり方を全て変え、姿勢を正してやっていきたい。

Bさん:今年の4月から、子どもたちを対象に地域の中でみんなの居場所づくりを始めたい。また、熊本市の事業の一つ『心のサポート相談員』事業を展開したい。

Cさん:息子は、本当に寝ない子で低学年のころから続いている。朝日を見たことがなにのではないだろうか。リズムの見直しを考えている。

Dさん:私もしっかり寝たいのだができない。そのため毎日眠剤を飲んでいる。とりわけ用事があるわけではない。自分の時間を大事にしようとするがあまり、考え事が深夜2時まで及ぶのだ。

Eさん:病院から出される薬が増えるばかりで、このままだと自分がおかしくなるのではと思うと怖くて仕方がない。おかげで眠れない。それを相談すると、また薬が増える。脱出したい。

Eさん:同時並行で仕事ができない。仕事が遅いからとイジメに合った。どうにかならないものだろうか?

Fさん:話していいると最初の内容が飛んでしまって記憶に残っていない。すごい戸惑いを感じる。

Gさん:福祉作業所で働いている。事業所で勤める場合には、短期的に頑張るより、長期的にゆっくりはたらき続けることが求められる。私は不満が募りバカリです。

うーん。なんとも、皆さん多くの悩みを抱えて生きているのですね。

しかし、みんなで支え合うことで、気づきやリスクを回避ができる方法があることを学べます。勇気が出ています。安心できます。それが交流会の良さでしょう。

次回の開催は、2月22日(土)10時~12時 希望荘 2階 A会議室

       3月22日(日)10時~12時 希望荘 2階 A会議室

是非ともご参加くださいね。                 事務局 中山泰男

本日の参加者。(3名は掲載を辞退されています)

閲覧数:88回0件のコメント

最新記事

すべて表示

記事のご紹介 【教育業界ニュースRese Ed】 通常学級に在籍する発達障害、文科省が実態調査へ! 通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある児童生徒について、実態や支援状況を明らかにするため、文部科学省は2022年1~2月、調査の実施を計画している。全国の公立小中高校から対象校を抽出して集計・分析。2022年12月ごろまでに結果を公表予定としている。 2021年10月5日開催の「通常の学級に在

最近、私たち【発達障害当事者団体プリズム】あてに、「放課後等デイサービスの送迎が 来ないんですが?」というクレームの電話が入ってくるようになりました。 私たちは、当事者の皆さんの生活上や就労上での問題などの解決にむけたグループワークや発達障害の可能性がある子供たちの療育的な解題整理などのお手伝いがメインです。 補助金などを受けることなく無利益でやっています。 残念ながらデイサービスや療育支援センタ