• kumamoto prism

熊本県議会議員 池田県議へ陳情の巻


熊本県自民党県議団の池田先生を訪問し、発達障害とDV被害について相談する。

大人の発達障害の家庭では、男性側の暴力行為によって人生を破壊された女性は少なくない。時には男性が被害を受けることもある。

熊本県民間シェルター支援事業では、支援を申し出るとシェルター(住まい)が斡旋される。しかし満杯であった場合は、他県の施設が紹介されることになり、仕事を失い、親族の援助を断ち切られてしまので再出発が叶わなくなる。

それで、DV加害者に発見されないような立地の住まいを警察が紹介してくれることになるのだが、シェルターに入って居なければ、「熊本県配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する基本計画」のフォロー図から外れることになり、自治体サイドからの支援は皆無となってしまうこと。母子被害者にとってこれは大問題なのですね。

警察斡旋の一般住宅(アパートを含む)の場合、加害者から所在地を秘密にあるためにに、地域の自治会や民政委員やPTAなどにプライバシーを明かさないでよいことになっているのだが、世間様は許してくれない。ヘタをすれば、地域からの新たなイジメによって転居を余儀なくされるケースもある。

残るは生活保護に頼る生活しか残らないのは、甚だ矛盾ではないだろうかとの主旨でした。発達障害も問題には、命を守るため対応も必要であることを理解してほしい。

リラックスして重要な案件を相談できました。

「選挙に出ることは考えはない。」とキッパリ発言。

待機中で緊張する


閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

記事のご紹介 【教育業界ニュースRese Ed】 通常学級に在籍する発達障害、文科省が実態調査へ! 通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある児童生徒について、実態や支援状況を明らかにするため、文部科学省は2022年1~2月、調査の実施を計画している。全国の公立小中高校から対象校を抽出して集計・分析。2022年12月ごろまでに結果を公表予定としている。 2021年10月5日開催の「通常の学級に在

最近、私たち【発達障害当事者団体プリズム】あてに、「放課後等デイサービスの送迎が 来ないんですが?」というクレームの電話が入ってくるようになりました。 私たちは、当事者の皆さんの生活上や就労上での問題などの解決にむけたグループワークや発達障害の可能性がある子供たちの療育的な解題整理などのお手伝いがメインです。 補助金などを受けることなく無利益でやっています。 残念ながらデイサービスや療育支援センタ